イベント案内

トップページ>イベント案内>研修・研究会のご案内

研修・研究会のご案内

最終更新日:2008年3月3日更新

研修講座のお知らせ

就労支援の基礎と流れ 「働きたい」をかなえる ~準備訓練、マッチング、フォローアップ~

日時 2008年3月2日(日)10:00~16:50
会場 横浜市教育文化2階 教育文化ホール(JR関内駅南口より徒歩3分)
参加費 学会員:3,000円、非会員:4,000円、学生:2,000円

中国ブロック研究会のお知らせ

高次脳機能障害と職業リハビリテーション
~相談窓口を設置して1年、その障害と現状について~

日時 2008年3月1日(土)14:30~17:00
会場 小郡まきはら病院内レストラン「フィオーレ」2階ホール

東北ブロック研修会

日時 2006年12月16日
会場 宮城県障害者福祉センター
プログラム 第1部 講演:「IPSの概要とその実践」
第2部 指定発言・ディスカッション:「我が国でIPSは可能か どうすれば実践できるか」

第34回日本職業リハビリテーション学会大会

日時 2006年9月8日(金)、9日(土)
会場 神奈川工科大学
テーマ 「地域に根ざしたインクルーシブな雇用・就労の展開」
発表申込締切 2006年6月10日
論文原稿提出締切 2006年7月19日
事前参加申込締切 2006年7月31日

JICAの開発途上国の研修生によるカントリーレポート(Inception Report)

※発表は英語で通訳はありませんのでご了承ください。

日時 2006年6月6日(火)11:00~16:30
会場 埼玉県立大学教育研修センター305
内容 各国研修生より(英語で)
職リハ、雇用等の状況の発表
参加費 無料

日本職業リハビリテーション学会 緊急パネルディスカッション

『障害者自立支援法と職業リハビリテーション』
就労支援の強化を通じて、障害のある人の「もっと働ける社会」をめざす障害者自立支援法が施行されます。
就労移行支援事業を始め、新たな事業の創設や報酬の仕組みに関心が寄せられていますが、同時に、これからの職業リハビリテーションの進展を考える上で多くの課題が関係者に突きつけられているといえます。この情勢下で、職業リハビリテーション関係者は何をすべきか、何が求められているのか、就労支援の本質に立ち返って議論をしていきたいと思い、緊急のパネルディスカッションの機会を設けました。
ご多用中のこととは思いますが、今後の職業リハビリテーションの行方を探るこのパネルディスッカッションに多くの皆様のご参加をお願い申し上げます。2006年4月

主催:日本職業リハビリテーション学会 渉外委員会・学会誌編集委員会
共催:日本職業リハビリテーション学会 関東ブロック

日時 2006年6月4日(日)13:30~16:00
会場 首都大学東京 荒川キャンパス 大視聴覚室
〒116-8551 東京都荒川区東尾久7-2-10
http://www.tmu.ac.jp/university/campus_guide/index.html#03
プログラム パネルディスカッション「障害者自立支援法と職業リハビリテーション」

パネラー(順不同、○はコーディネーター)
・藤井 克徳 氏(きょうされん常務理事)
・丸山 一郎 氏(埼玉県立大学教授)
・三田地 昭典 氏(社会福祉法人電機神奈川福祉センター・ぽこ・あ・ぽこ指導課長)
・倉知 延章 氏(学会理事・学会誌編集委員長)○
・朝日 雅也 氏(学会理事・渉外委員長)○
定員 200名(先着順)
参加費 学会員:1,000円、非会員:1,500円
※当日、受付にて申し受けます。
申込方法 2006年5月26日(金)までに、別紙様式によりFAXにて下記宛てにお申し込みください。
※E-mailでも可

【宛先】
〒335-0005 埼玉県蕨市錦町3-3-27
蕨市障害者就労支援センター内
関東ブロック担当理事 興梠 理(こおろぎ おさむ)
FAX:048-441-5405
E-mail:pico-bonito@k6.dion.ne.jp

※開催日前日までに当方から連絡がない場合には、申込は受理されたものとご判断ください。

平成17年度 日本職業リハビリテーション学会研修講座

日本職業リハビリテーション学会では、平成17年度研修講座を下記のように開催します。
職業リハ・就労支援の専門機関をはじめ、福祉・保健医療機関の就労支援担当者など、就労支援に携わる実務者を対象に、明日の仕事に役立つ情報を提供します。学会員以外の方も、ふるってご参加ください。

日時 2006年3月4日(土)10:00~17:00
会場 大妻女子大学 千代田校舎(JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩15分)
プログラム 【10:00~10:15】
開講のあいさつ

【10:15~11:15】
どうなる?雇用促進法の改正と精神障害者の就労支援
株式会社ストローク 金子 鮎子

【11:25~12:25】
これもどうなる?障害者自立支援法と就労支援
埼玉県立大学 朝日 雅也

【13:30~14:30】
雇用率適用を前に基礎を押さえる ~精神障害者の障害特性~
大妻女子大学 蔵野 ともみ

【14:40~15:40】
地域就労支援を担う!(1) 障害者就業・生活支援センターの役割と今後の課題
沖縄北部就業・生活支援センター 崎浜 秀政

【15:50~16:50】
地域就労支援を担う!(2) 地方自治体における就労支援 ~ワークサポート杉並の実践~
ワークサポート杉並 小松 邦明

【16:50~17:00】
修了式
参加費 学会員:3,000円、非会員:4,000円 、学割:2,000円
※弁当は別途1,000円
問い合わせ

申込方法
〒224-0041 横浜市都筑区仲町台1-2-31-402
社会福祉法人横浜やまびこの里 ・ 仲町台センター
職リハ学会研修講座係 担当:小川・柴田
TEL:045-943-9220
FAX:045-943-4974

日本職業リハビリテーション学会・関東ブロック研究会
「障害のある人の就労支援と生活支援」 ~働くために、働き続けるために~

日時 2005年12月4日(日)14:00~16:00
会場 埼玉トヨペット 3階研修室

埼玉県さいたま市中央区上落合2-2-1「はあとねっと輪っふる」
TEL:048-859-4130
埼京線「北与野駅」東口より南へ徒歩1分
京浜東北線「さいたま新都心駅」より西へ徒歩10分
※駐車場はありません
対象 日本職リハ学会員、障害者福祉施設職員、就労支援実務者、企業、関心のある方
内容 【13:15~13:50】
開場・受付

【13:50~14:00】
開会あいさつ

【14:00~15:30】
講演「障害のある人の就労支援と生活支援」 ~働くために、働き続けるために~
講師:土師 修司 氏(社会福祉法人 電機神奈川福祉センター 理事長)
01.働くことは素晴らしい
(働く障害者は大変だ/雇用する企業も大変だ/社会はもっと評価すべき)
2.雇用の三要素
3.ネットワーク ロマンから現実へ

【15:35~16:00】
質疑応答(司会:実行委員)、閉会
参加費 会員(※):500円、非会員:700円
(※職リハ学会員、セルプ会員、サンライズの会員)
定員 45名(申込順とし、定員に達しない場合、当日受付あり)
主催 日本職業リハビリテーション学会 関東ブロック研究会
共催 埼玉県社会就労センター協議会 / 雇用問題研究委員会
協力 さいたま障害者就業サポート研究会(サンライズの会)
申込方法 申込方法:「FAX」または「E-mail」でお願い致します。
申込締切日: 2005年12月1日(木)
申込先:蕨市障害者就労支援センター(担当:興梠 理)
FAX:048-441-5405
E-mail:pico-onito@k6.dion.ne.jp
日本職業リハビリテーション学会

【事務局・連絡先】
〒813-8503 福岡県福岡市東区松香台2-3-1
九州産業大学 国際文化学部 倉知研究室気付「日本職業リハビリテーション学会事務局」
FAX: 092-673-5818
E-mail: shokuriha_jimukyoku@vocreha.org

Copyright © 2014 Japan Society of Vocational Rehabilitation. All Rights Reserved.